タバコの汚れは原状回復の対象となります

借りていた部屋を返す際には、原状回復する事が求められます。一般的に居住者が誤って住居の一部を破損したり、入居時とは異なる改装を行ったような場合には、修繕したり元の状態に戻す事が必要なのです。しかし普通に生活していて徐々に汚れたり、例えば流し台に細かい傷が付くようなケースは、原状回復の必要はありません。
こうした判断基準がベースですが、それでは喫煙によるタバコ汚れはどうでしょうか?ある意味微妙と言えるかも知れません。新築の部屋を借り、真っ白だった壁や天井のクロスが数年で退去時に黄ばんでいる様な場合には、やはり原状回復を求められるでしょう。またこうした状況では、喫煙者は気付かなくてもタバコの臭いが染みついており、その点からもクロスの張替えが必要と判断されてしまいます。
喫煙者にとってはタバコを吸う事は自然な日常生活で、それによって汚れた壁や天井は、自然に暮らしていて汚れたに過ぎなく、原状復帰の必要性はないはずと主張しても、常識的には通じません。喫煙者は換気扇の下で吸うと言った注意が必要です。

住居以外にも会社で借りているオフィスや貸倉庫などもタバコで原状回復を取られますので、全面禁煙にして外で吸ってもらうか、一部エリアを指定して喫煙エリアを作り原状回復はその部分だけする方法もあります。