私の実家での自宅兼事務所について

私の大阪の実家では自宅兼事務所という形で一階の間取りが広く、駅前に近い位置に実家が所在しておりましたので、よく一階の倉庫部分を貸して欲しいと特に玄関からの10畳分程を貸して欲しいと言う依頼が頻繁に有りました。私の父は最初断っていたのですが、どうしても困っているという方に事務所を貸し出しました。その業者さんは不動産屋さんで、丁度駅前に近い所がよかったらしく角に当たる場所に実家が所在しましたので、貸し出すことになりました。裏口はなく、正面からしか出入口がありませんので、入るのは凄く気を使いました。特に学校帰り等は、すぐに駆け込むような形で入っていきました。やはり一階部分を他人の方と共同で使用しているとどこか違和感がすごくあります。入り込んでいた不動産屋さんも気を使ったのか数年経過した時点で良い物件が見つかりましたので、そちらに移動しますという形で出ていかれました。結局事務所として使用されていたところは、そのまま実家の応接室という形で使用するようになりました。