2人目を妊娠したのをきっかけに建て替えを決めた

結婚を機に主人の実家で、同居生活をはじめました。
住まいは築35年前後。
昔の農家の作りで、間取りは7LDKと庭に倉庫が付いており、とても大きく廊下も走れるほど長い廊下でした。
昔の家なので柱や梁もとても立派でしたが、部屋としてきちんと使える部屋が少なく、家族も多かったので先の事を考えると不安でした。
一人目の子供を出産し、2階にある2部屋を私たち家族で頂きましたが、それでも日中は1階のお勝手で過ごさなくてはいけない状況でした。
冬は隙間風も入ってきて、脱衣所やお風呂場はとても寒く、生活しにくいと思っていました。
2人目を妊娠し、思い切って主人に「家をでられないか」という話を持ち出したところ、その話をお姑さんにしてしまったようでした。
お姑さんから、「家を建て替えようとおもう」と言っていただき、その場にとどまることにしました。
家を建て替えてる間は、近くの賃貸アパートに主人と、子と3人で暮らしていました。
半年ほどで新築が完成し、きちんと部屋の数も多く、脱衣所なども寒くない、心地よいお家になりました。