賃貸物件の原状回復について

退去するときに不動産屋さん立ち会いの下物件を確認して、借主の使い方に問題があって修理が必要な時はその経費を敷金から引かれます。
それをなるべく少なくするためには、最初に汚れなどは写真を撮っておくこと、また日頃、自分の使い方のせいじゃなく壊れてきた備品や内装などはすぐに不動産屋に報告することです。
まだ使えるからと退去の時まで報告しないと、かえって責任を問われて、請求されそうになったことがあります。

特に多いのが倉庫や事務所の場合です。事業所の場合は住居のように全て綺麗な状態で引き渡されることは少なく、前入居者が残した傷なども多く残っていることが多いです。その為、会社の移転の際は住居よりも注意して最初の傷や汚れなどはチェックは必ず行うべきです。

目立つ壁紙などのはがれも、もし、その部屋の湿度などが原因(壁が汗をかくなど)ならばすぐに報告するべきです。
そうでない場合は、ホームセンターで簡単修理のキットなどで直すのも方法です。
壊れた物をそのままで生活していると、だらしなく、ずさんな部屋の使い方をしていたという印象をもたれて、不利になります。
掃除も、退去した後でクリーニングが入るためしなくても良いのですが、やはり、ある程度して置いた方がよい印象を与えることができるでしょう。